トイレのつまりを起こさないための最善策は、異物となるものを流してしまわないよう留意することです。もし便器内に固形物を落としてしまったら、多少躊躇してしまうかもしれませんが手で拾えるうちは速やかに拾いましょう。またトイレットペーパーの使い過ぎによってつまりが引き起こされることもあります。大量のペーパーが排水管の中に溜まって水の流れを妨げ、水が逆流してしまう恐れもあります。もしトイレの水を流したときにいつもより水位が高いと感じた場合、それはつまりの前兆である可能性があります。そういった事象を発見したらしばらく時間をおいてみて、それでも元に戻る様子が見受けられなければ専門の業者に連絡して見てもらう方が良いでしょう。

軽度なつまりの場合は自分の手で解決できることも期待できますが、重度のつまりとなると便器を外すなど大掛かりな工程が必要になってくる場合もあります。そうなってしまっては、素人が下手に手を出して状況を悪化させてしまう前に専門の業者に頼る方が得策です。トイレのつまりは日常生活の中においても特に切実な問題です。連絡すれば早ければ1時間とかからず業者の担当者が駆けつけてくれる場合もありますので、困ったらやはりその道のプロにお任せしましょう。料金がいくらか割引となるキャンペーンを行っている業者もありますので、口コミやランキングをまとめたサイトなどを参考にご自身の希望に合った業者を選んでみて下さい。