ところで皆さんは、トイレの水がどのように流れているかをご存知でしょうか。トイレの水の通り道はS字になっており、このS字の部分に異物がひっかかってトイレのつまりとなるケースが多くあります。わざわざS字にすることなくまっすぐの通り道を作っていれば、物が引っかからずにトイレのつまりも起こらないじゃないかと思う方もいるでしょう。しかし、このS字部分はとても大切な役割を担っているのです。

通り道をS字とすることで水が完全に流れることなく、入口の部分に水が溜まります。この部分は封水と言って、便器の中に水が溜まっているのあの部分のことです。この封水が流した排泄物の臭いをシャットアウトしてくれるため、快適に用を足すのに一役買っているのです。こうした排水管のS字の構造はトイレだけでなく台所や洗面所など水道設備全般に備えられているもので、においだけでなく害虫やネズミが屋内に侵入するのを防ぐトラップの役割も持っています。

このS字の構造のおかげで確かに物はつまりやすくはあるのですが、その反面衛生的な部分において大切な役割を持っていることがご理解いただけたでしょうか。これがなかったら、私たちは立ち込める悪臭の中で用を足さなくてはならなくなるのです。