困ったらプロへ

トイレのつまりを起こさないための最善策は、異物となるものを流してしまわないよう留意することです。もし便器内に固形物を落としてしまったら、多少躊躇してしまうかもしれませんが手で拾えるうちは速やかに拾いましょう。またトイレットペーパーの使い過ぎによってつまりが引き起こされることもあります。大量のペーパーが排水管の中に溜まって水の流れを妨げ、水が逆流してしまう恐れもあります。もしトイレの水を流したときにいつもより水位が高いと感じた場合、それはつまりの前兆である可能性があります。そういった事象を発見したらしばらく時間をおいてみて、それでも元に戻る様子が見受けられなければ専門の業者に連絡して見てもらう方が良いでしょう。

軽度なつまりの場合は自分の手で解決できることも期待できますが、重度のつまりとなると便器を外すなど大掛かりな工程が必要になってくる場合もあります。そうなってしまっては、素人が下手に手を出して状況を悪化させてしまう前に専門の業者に頼る方が得策です。トイレのつまりは日常生活の中においても特に切実な問題です。連絡すれば早ければ1時間とかからず業者の担当者が駆けつけてくれる場合もありますので、困ったらやはりその道のプロにお任せしましょう。料金がいくらか割引となるキャンペーンを行っている業者もありますので、口コミやランキングをまとめたサイトなどを参考にご自身の希望に合った業者を選んでみて下さい。

トイレの豆知識

ところで皆さんは、トイレの水がどのように流れているかをご存知でしょうか。トイレの水の通り道はS字になっており、このS字の部分に異物がひっかかってトイレのつまりとなるケースが多くあります。わざわざS字にすることなくまっすぐの通り道を作っていれば、物が引っかからずにトイレのつまりも起こらないじゃないかと思う方もいるでしょう。しかし、このS字部分はとても大切な役割を担っているのです。

通り道をS字とすることで水が完全に流れることなく、入口の部分に水が溜まります。この部分は封水と言って、便器の中に水が溜まっているのあの部分のことです。この封水が流した排泄物の臭いをシャットアウトしてくれるため、快適に用を足すのに一役買っているのです。こうした排水管のS字の構造はトイレだけでなく台所や洗面所など水道設備全般に備えられているもので、においだけでなく害虫やネズミが屋内に侵入するのを防ぐトラップの役割も持っています。

このS字の構造のおかげで確かに物はつまりやすくはあるのですが、その反面衛生的な部分において大切な役割を持っていることがご理解いただけたでしょうか。これがなかったら、私たちは立ち込める悪臭の中で用を足さなくてはならなくなるのです。

業者の選び方

トイレがつまってしまったら、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。先に挙げたラバーカップなどの方法で手に負えない場合は業者へつまりの解消を依頼することになりますが、まず気になるのはその修理費用です。つまりの状況などにもよって上下する部分ではありますが、概ね数千円~1万円弱程度の値段設定を行っている業者が多く見受けられます。見積もりと出張費が無料と謳っている業者もあるので、費用が心配であればまずそういった業者に当たってみると良いでしょう。

またいつ発生するか分からないトイレのつまりですが、深夜に起こることも考えられます。緊急を要する時は24時間対応の業者に依頼しましょう。「夜中でも嫌な顔をせずに対応してくれた」といった口コミを頼りにしながら業者を探してみましょう。

参考HP……トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法
水道救急センターなら24時間365日受付しています。

もう一つ大事なことは、業者の対応エリアです。日本全国どこでも対応しているところもあれば、対応エリアが限定されているところもあります。まずはご自分の家が業者の対応エリアに含まれているかどうかを確認しましょう。

支払方法についても確認しておくことが必要です。緊急事態に持ち合わせがない場合でもクレジットカードで支払いが可能な業者は多くありますが、他にローン決済や後払い方式に対応している業者も存在します。ご自身に合った支払いの出来る業者を確認しましょう。

トイレのつまりが発生したら

日常生活において、トイレがつまって困った経験はありませんか。トイレがつまると水が流れなくなり、用を足した後に水を流そうとすると便器の中の水位が上がってきて、最悪の場合は床に溢れてしまうこともあります。そのような場面に出くわすと、とても焦ってしまいますよね。トイレのつまりは、トイレの排水管の中に異物が入り込むことが原因で起こります。トイレットペーパーを一度に大量に流したり、水に溶けにくいティッシュペーパーを流したり、あるいは時計や携帯電話などの固形物をうっかり落としてしまうことでつまりが発生してしまいます。小さな子供が遊んでいたおもちゃを落としてしまうということも考えられます。

トイレがつまった時の対処法として最も一般的な方法として、ラバーカップを思い浮かべる方が多いでしょう。柄の先にゴムでできた半球状のカップが付いた道具で、人によってはスッポンなど様々な呼び方をされているものです。ラバーカップはホームセンターなどで手軽に購入できます。トイレのつまりはいつ発生するか分からない事象なので、家庭の各トイレに一つずつ置いておくといざという時に役に立ちます。

ですが、そのような通常の手段ではつまりが解決できない場合もあります。ラバーカップで吸引することが困難な場合はつまりの箇所に直接手を付けることになりますが、下手に手を出してしまうと余計に事態が悪化してしまう恐れもあります。水回りのトラブル解決は、その道のプロにお任せする方が安心で確実です。